Pocket

皆様は

社交辞令

って聞いたことはありますか?


社交辞令とは、人間関係をうまく
保っていくために使う、どこか嘘くさい
褒め言葉とかあいさつのことですね。

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s

通称、優しい嘘

例えば、

「では、また今度食事に行きましょう。」


「行けたら行くわ!」


こんなのは全部 社交辞令です。



今度と言ってもその今度は一生訪れないし、

行けたら行くわ!って言ったやつが
来たことは一度も有りません。

スポンサードリンク



そんな心にもないことを平気で、
息をするかのごとく言ってくるので、
困ったものです。



こっちとしては、
そんな気がないんだったら、
別に言わなくていいよ!


って感じです。


ここまで読んでくれている方は
分かると思いますが、
私は社交辞令は大っ嫌いです。



食事に行った時も、また一緒に行きたいと
思った方には、また行きましょう!
と言って、絶対連絡するし、



これっきりだな。と思った方には、
また行きましょう!とか言わないし、
連絡もしません。



行く気がないのに、また行きましょう!
とか言われても迷惑です。


行く気がないなら、
言わないでほしいものです。


前置きが長くなりましたが、


今回は世の中にはびこっている社交辞令
対して、どんな意味が込めらているのか
個人的に考えていきたいと思います。

以下の順にやっていきますよ!
1.ビジネスシーンでの社交辞令
2.日常での社交辞令
3.最後に



それではどうぞ!


1.ビジネスシーンでの社交辞令


社会で働いていると、数多くの社交辞令
耳にします。それにはどんな意味や、
気持ちが込められているのでしょうか。


また今度飲みに行きましょう!


a0790_000228

おそらく、一番言われているのでは
ないでしょうか。


やっぱり“今度”ってのはずっと訪れないし、
音沙汰ありません。


中には、稀に○日に行きましょう。
連絡が来ることがありますが、


ほとんど有り得ません。


言った側は、

もう2度と行かないけど、
ちょっといい顔したいから、
とりあえず言っとけ!


というような心境だと思います。

それか、お酒が入っているので、
ただ何も考えていないか。


のどちらかだと私は考えます。


もし、それを言ってきて、
その人とまた行きたいと思ったら、

「今度はいつ空いてますか?」

ぐらいにアグレッシブにいきましょう。


それを聞いた相手の反応で真意も
確かめることができます。


え?何コイツ本気にしちゃってんの?

みたいな顔されたらそれっきりで
いいと思いますし、


逆に乗り気な反応であれば、
仲良くすればいいんです。


近くに来たら寄って行ってください


これも聞いたことがある方は
多いのではないでしょうか。


私は、同じ職場で、定年を迎えた方が
挨拶で言っていました。


私が同じ立場だったとして、

絶対そんなことは言えないな。

と思いました。


実際に近くに来たときに

「今からお伺いします!」

とか言われたら、
面食らう自信がありますし、
何より、別に来てほしくないです。


これは何を思って言っているのでしょうか。
本当に来てほしいと思っているとは、
思えません。


こちらは

まぁ社交辞令だとわかってくれるだろう。

という信頼関係によって
成り立つものだと考えます。


是非、またご一緒したいですね。


a0001_016720
(こんな風に言われたら、引きますね・・・)


別にこっちがそうでもないときに
これを言われると、
どんな顔をしていいか困ります。


最初の“今度”と同様 “また”なんて
訪れないことを知っているから、
そんなセリフが吐けるんでしょうね。


いや、私はご一緒したくないですね。
とか返せばいいのでしょうか。


そんなことやっちゃうと、
クレームものですので、
やらないですが、


たまに明らかに心がこもっていないのが
丸わかりな方がいらっしゃいます。


そんなんだったら言わないほうが
まだいいんじゃないの?


と私は思いますね。

スポンサードリンク


2.日常での社交辞令


ビジネスじゃなくても、


友達とのやり取りや、異性とのやりとり
なんかにも社交辞令が使われまくりです。


行けたら行くわ!


a1640_000388
(いや、無理しなくていいよ!)

最初の例でも使いましたが、
私の中でのキングオブ社交辞令。


私は これを超える社交辞令を知らない。


これを使った奴が実際に来たとこ
私は見たことがありません。


まぁ確かに、裏を返せば、

行けなかったら、行かない!

ということになりますので、
別に来なくてもしょうがないという
風潮がありますね。



なので、私はこれを言われたら、
うん、わかった来ないのね。と言って、
はなっからそいつは、数には数えません。


恐らく、1%ぐらい行く気があって
その保険でこんなセリフを吐いてしまうでは
ないかと思います。


でも、やっぱり来ません。


女の子に好きなタイプは?と聞いて、
 ⇒「優しい人」


a0001_008201

言ったことも、聞いたこともある方が
多いのではないでしょうか。


私としては、はああぁあぁぁぁ!?

という感じです。


実際そんなわけないのです。

優しければ、不細工でもいいんですか?

優しければ、貧乏でいいんですか?

優しければ、身長が低くてもいいんですか?


そうじゃないでしょう。

本心は、

身長が高い、
顔がかっこいい
お金を持っている


とかが

絶対入ってくるはずです。(多分…)


細かく言えば、面白い人とか
入ってくるはずなのです。

やはり最後は中身が大事ですが、
最初の入りは上の3つだと思います。


それを自分をちょっとでも
良く見せようとして、

“優しい人”

は?そんだけ?少なっ。

テレビでもタレントがインタビューで
こう答えているのを見て、

ああ、社交辞令だな。

ってのがはっきりわかりました。


タイプを聞かれた時の逃げとしては、
最大の武器ですね。


自分にあまり興味を
持ってもらいたくないとき
や、
あまり詮索されたくないときに使うと
考えます。



つまり、リアルでこれを使われた、
私はお察し。というわけです。

いいもん!別に悔しくないもん!


男性諸君はこれを使われたら、
現時点であまりいい印象を持たれていないと
考えましょう。


誕生日いつ?⇒教えるけど何もない



日常会話で誕生日いつ?ってのは
よくあると思いますが、

そこで、「祝ってやるよ!」とか
「なんかプレゼントあげる」など

言ってくれる方がいますが、


もちろん社交辞令です。


しばらくして、誕生日が来て、
当日にちょっと期待しちゃう
自分が嫌いになりそうです。


結局なんもないんですけどね。


正直、言っている方は何気なく、
それこそ、呼吸をするかのごとく
このセリフを吐いているのでしょうが、


中には、私みたいに、
ちょっと期待しちゃう人がいるってのも
知って欲しいです。


本当に祝う気がないなら、
思わせぶりなセリフは言わないように、
注意してもらいたいですね。


告白してフラれたときに
 ⇒いつでも飲みに誘ってね!


a0002_006102

私は告白してフラれた時の当日、
LINEで会話したときに、

飲みはいつでも誘っていいよ!

というメッセージをもらったことが
ありました。


初めて告白して、初めてフラれたわけだし、
そんな経験がない私は、不覚にも
それを真に受けてしまいました。


後日、飲みに誘うのですが、

何かと理由を付けて断られるのです。


しまいには候補日を出せと言われて、
言われるがままに候補日を出したら、
返ってきたメッセージが


ごめんだけど、全部埋まっているんだけど♪


なんでちょっとうれしそうなんだよ。
♪ってなんだよ。


さすがにこういうことに疎い私でも
現実を自覚せざる負えませんでした。


ここで初めて、負けを認めました。


これも、自分を最後まで
良く見せようとしている心理
働いているのではないかと考えます。


ですが、フラれる側からしたら、
どうせならバッサリと切られたいって
感じです。


世の男性諸君、これを言われて、
一回誘ってだめだったら諦めたほうが
賢明
かもしれません。


3.最後に



いかがだったでしょうか。

最後らへんは、個人的な経験というか
もはや愚痴でしたね。

申し訳ございません。m(_ _)m


世の中には死ぬほど社交辞令
飛び交っています。


社交辞令は嫌いですが、
別に否定しているわけではありません。

確かに必要になるときは
少なからずありますしね。


ただその使い方
気を付けて欲しいと思います。


例えば、

仕事なんかの

「またご一緒できたらいいですね」

とかは使いまくっていいと思いますが、


「いつでも家にきなよ!」

みたいなやつは、

ちょっとでもその気があるならいいですが、

別にそうでもないのに、これを言って、
本当に来られたら困るという方は、

このような社交辞令を使うのは
やめましょう。


お互いに良くありませんよね。


そもそも社交辞令は、人間関係を円滑
に運ぶためにある
ので、

後者のような使い方は、社交辞令として
本末転倒ですね。


ついうっかり言っちゃう方には、
気を付けたほうがいいかもしれません。


長々とお付き合い頂き、
ありがとうございました。


良かったら、共有してくださいね!
(社交辞令じゃないですよ!)