Pocket

皆様は毎日朝食を食べていますか?

a1180_006537

一般の家庭では


朝起きると大体お母さんが何かしら
作ってくれます。



子供時代はそうやって過ごした方が
多いのではないかと思います。



朝起きたら、朝食は必ず食べる。



ほとんどの方はそういった習慣がもう
体に染みついてるのではないかと思います。



ですが、果たして、
本当に朝食は必要なものなんでしょうか。


学生時代、学校では、


朝食を抜けば、集中力が落ちる。


など、マイナスイメージを
聞くことが多いですが、



遅刻ギリギリに起きて、
あわてて朝食を頬張る必要が
あるのでしょうか。



つまり、朝食を摂る必要がなければ
私はあと10分寝ることができるのです。



なので、10分寝たいがため
ちょっと調べてきました!

スポンサードリンク



1.朝食を抜くとどうなる?



いきなり本題ですが、
朝食を抜くとどうなってしまうのか?


もちろんメリット、デメリットがあります。


メリット


・自然治癒能力が上がる
 
 食事を摂ると、内臓は消化活動
 しなければなりません。
  
 
 朝、昼、晩で3食摂ってしまうと、
 内臓常に働き続けることになります。

 

 内臓を休めることにより、
 人の体は本来の力
 取り戻すことができます。

 
 実践した人が、
 体が軽くなった!というのは
 これがあるからかもしれません。
 

・摂取カロリーを減らせる

 摂取カロリーを減らせるということは、
 ダイエットにつながるということです。
 
 ですが、昼や夜にドカ食いしては
 意味がありません。 


・お金を節約できる
 
 朝食を抜けば朝食代かかりません。
 毎日100円のパンを買ってれば、
 月に3000円くらい節約できるのです。
 
 
 健康関係ないじゃん!って思いました?
 
 確かにそうですが、書きたい衝動を
 我慢できませんでした。すみません・・・


デメリット


・肥満になりやすくなる
 
 朝食を抜くと、昼や夜で食べ過ぎてしまう
 可能性がでてきます。
 
 
 朝食を摂ると、肥満の原因になる
 インスリンというホルモンの分泌を
 抑えてくれます。
 

・心臓発作になりやすくなる

 16年間に及んだ、研究結果により、
 朝食を摂らない男性が、摂る男性より、
 心臓発作による死亡するリスクが
 27%高いことが分かっています。
 

・2型糖尿病になりやすくなる
 
 米の研究チームにより
 朝食を摂らない女性が摂る女性より、
 2型糖尿病になりやすいことが
 判明しております。
 

・集中力低下
 
 が欲しているのはブドウ糖のみです。
 朝食を抜いてしまうと、
 脳はブドウ糖を摂取できず、
 パフォーマンスが落ちてしまう
 可能性があります。
 
スポンサードリンク


2.まとめ



なんだこれ。圧倒的デメリットっ・・・!

a1640_000370

私的には

デメリット>メリット

ですね。


よって、私は10分の睡眠時間を
得るのはリスクが高いっ・・・!


仕方ない。食べるか。


だけど、どこかで内臓を休ませたい気も


結論としては、


朝食はなんとなく食べながら、
週一でプチ絶食を取り入れるのがベスト!



かなと思いました。