Pocket

迫るテスト期間・・・
高まらないモチベーション・・・
下がる集中力・・・


ああっ・・・テストどうしよう・・・。
なにか集中力を高めてくれる食べ物ないかな~
悩んでいるあなた!ご安心ください!

ありますよ!今からご紹介する食べ物を食べて、
いい結果を残そうじゃありませんか!

スポンサードリンク


大豆系


まずは大豆食品を食べましょう!
豆腐、納豆、きなこなどですね。


大豆にはレシチンという成分が含まれています。
レシチンは、脳や、神経組織の成分になります。

よって、レシチンがなければ脳が作れない!
となるほど重要な成分です。

食べ物からレシチンを摂取すると、
脳の中でアセチルコリンという物質に変化します。

このアセチルコリンは細胞同士の情報伝達をスムーズするので、
記憶力、集中力を高める効果があるのです。

集中力を高めるならまず大豆!です。

ビタミンB群を含んだ食べ物


ビタミンB群も集中力を高めてくれます。
中でもビタミンB1、B2、B6、B12がそれに当たります。

ビタミンB群は主に、
・大豆
・豚肉
・レバー
・魚介類
・乳製品

に含まれています。

ビタミンB1は摂取すると、炭水化物(糖質)を効率よく
脳のためのエネルギー(ブドウ糖)に変換してくれ、集中力を高めてくれます。


また、ビタミンB群は、イライラも抑えてくれるので、
集中力が高まりやすいのです。

晩御飯に上記の食べ物をお母さんに取り入れてもらいましょう!

ブドウ糖を含んだ食べ物


脳を働かせるためには、働かせるためのエネルギーが
必要になります。そのエネルギーがブドウ糖です。


ブドウ糖は
・穀類
・はちみつ
・果物
・いも
・砂糖


などに多く含まれています。

おすすめは勉強前にバナナ一本です。

テスト当日は朝ごはんにホットケーキにはちみつを
塗りたくったやつを食べると、捗るかもしれません。

 
脳を働かせるのに必要不可欠なブドウ糖ですが、
摂りすぎると、太っちゃう可能性があるので

勉強するときは小腹を満たすぐらいにとどめておきましょう。

スポンサードリンク


脳を覚醒させよう!


なんだか頭がぼ~っとしている・・・
やる気が起きない・・・

そんな時は、カフェインで脳を目覚めさせましょう!

カフェインを摂取すると、脳内物質である、
ドーパミンとアドレナリンが出ます。

ドーパミンはやる気を起こす役割で、
アドレナリンは脳を起こしてくれる役割です。


カフェインは
・コーヒー
・紅茶
・お茶
・コーラ
・チョコレート


などに含まれています。

N811_hagatagatuitachoko500

勉強の合間に、チョコレート片手にコーラでおやつタイム
を挟むといい感じです。(満腹はだめですよ!)

最後に・・・

しっかり上で紹介した物を摂取して、集中力を高め、
勉強に励みましょう!

学校帰りにコンビニで買って帰るのもいいでしょう。

よく徹夜で勉強する人がいますが、深夜になると、
集中力も衰え、脳の疲労もたまっているので、
勉強の効率はかなり落ちていると言えます。

私は勉強は量より質だと思っております。
集中していない3時間より、集中している1時間です。

薄っぺらい長い勉強時間より、濃厚な短い勉強時間で済ませていきましょう!


寝ることにより、脳は記憶を定着させるので、
夜はしっかり睡眠をとって翌日に備えましょう。


では、是非いい結果を残してくださいね!