Pocket

もらうと嬉しいお年玉。気付いたらあげる側になってました。
どうも吉田です。
今回はお年玉についてです。
お年玉。子供にとっちゃ正月はそれぐらいしか楽しみがない
言えるぐらい重大イベントです。

皆様はあげるお年玉の額はどうやって決めていますか?
去年は3000円だったから、今年も3000円でいっか。と
なにも考えずに決めている方。

スポンサードリンク


あの子はもう中学生か。じゃあ5000にしとくか。と
年などで決めている方。

去年いくらあげたかもわかんないな。適当でいっか。と
山の天気みたいな決め方をしている方。

いろいろな方がいると思います。

ですが、どうせならあげる側として、少しでも喜んでもらいたいですよね。

そのためにはやはり年に見合った額をあげることが重要になってきます。

【0~2歳】
まだお金が何のかも分かっていないので、
必然的にその子の親に渡ることになります。よって、
1万以上だとか高額な額は必要ないと考えられます。

せいぜい1000~3000円ぐらいがベストでしょう。

あとは親御さんがジュースなり、お菓子なり好きなものを
買ってくれることでしょう。

【3~5歳】
いわゆる幼稚園や、保育園に通っています。
このぐらいの年になると、一人で自販機でジュースぐらい買っちゃうでしょう。
ですが、まだまだ1万円は早い。

こちらも1000~3000円ぐらいにしておきましょう。

【6~8歳】
小学生低学年です。小学校にあがっちゃうと、
もうコンビニで買い物くらいできるでしょう。

こちらは3000~5000円未満ぐらいがベストですね。

【9~11歳】
小学校高学年です。だいぶ買い物の
仕組みも理解しています。お使いだってへっちゃらです。

こっちも3000~5000円ぐらいですね。どっちかというと5000円よりで。

【12~14歳】
もう中学生です。思春期や反抗期に入ってきます。
子供は生意気になってきます。寛大な心で接してください。
腹が立ったら額を減らして大人の怖さを見せても良いです。

ここいらで1万は解禁していもよいかと私は思います。

5000~1万未満といったところでしょうか。

【15~17歳】
高校生です。なにかとお金が必要な時期です。

5000~1万ぐらいですね。場合によってはもっとあげてもいいですね。
(なんかすごい賞とったとか資格とか。)

【18~22歳】
もう社会人か大学生ですね。
社会人だったらもう子供じゃないので、あげる必要はないかと思いますが、
大学生の場合だとバイトもしてるだろうし、必要性も低いのではないかと思います。

強いて言うなら、
1万~3万ですね。

このぐらいあげとくと文句は言わないでしょう。
(大体もらっといて文句言うのは論外だと思いますが。)

そして、上記は自分の孫へあげるとか、自分の子供にあげる場合の額です。

あまり親しくない親戚の子供、もしくは友達の子供とかだったら、
高校生だろうが中学生だろうが、
3000円くらい入れとけば良いです。
(1000円でも問題ないでしょう。)

一番大事なのは自分の経済事情と相談することです。
相場がこうだからといって、こうしないといけないという決まりはありません。
目安としてみていただければ幸いです。

もう来年はお年玉あげなくてもいい年頃だなあとか思ったら、
その年に来年はもうあげないよ。卒業だおめでとう。
謎の宣言を言っといてあげましょう。

大体18歳超えたらもういいんじゃないかと思います。
バイトなり仕事なりやっていると思うので。

もらえると思っていて、もらえなかったらかなりがっかりしますので、
そこはちゃんと言ってあげましょう。

ただ普通にあげるのもの面白くないなあとか思っている方は、
じゃんけんして勝ったら2倍の額をあげる。負けたらお年玉はなし。
とかやると、ギャンブルというものを教えることができますよね。
(あまりいい影響は与えないかもしれませんが。笑)

じゃんけんの部分はトランプとかテレビゲームとかに変えてもおもしろいですね。
これだったら、自分もスリリングで
なかなか刺激的な正月になりそうです。

つまんねえ正月は嫌だ!という方はお年玉をあげるにしても
一工夫加えてみてはいかがでしょうか。