Pocket


足の臭いってなんであんなに嫌な臭いなんでしょうか?
足が臭いと、

・友達の家に上がるのに気がひける・・・
・居酒屋で座敷タイプだと肝が冷える
・疲れて家に帰っているのに、家族から臭い!と言われる



一刻も早く何とかしたいものですよね。
今回は足の臭いが気になるあなたのために
できるだけお金を使わずに解決する方法をご紹介したいと思います。


足の臭いの原因は何なのか

足の臭いの原因となるのは、やはり菌です。
足は体の他の部位と比べて数倍以上も汗腺があります。

そして、靴の中の湿度と温度は
菌が繁殖する絶好の環境でもあります。
その菌が皮脂や角質を食べて分解するときに
イソ吉草酸というニオイ成分が発生します。


主に私達が臭いと感じるのは
このイソ吉草酸というニオイ成分が原因なのです。


しかも、洗っても落ちにくいという
嫌がらせのような性質を持っているので、これまた厄介です。


では次から解決方法をご紹介していきます。

1.重曹を使う

先ほどご紹介したイソ吉草酸ですが
こちらはいわゆる弱酸性に分類されます。

そこで、弱アルカリ性である
重曹を使うことによって中和することができます。
要するに科学で臭いを抑えるわけですね。


それでは使い方を見ていきましょう。

直接塗ってみる

シンプルな使い方ですね。
ただ単純に重曹をひとつかみして足の裏に直接塗るだけです。


私は、お風呂に入ったあともなんとなく臭っていたのですが、
これをやることで、足の臭いが消えました。

足湯にしてみる

洗面器などにお湯をはってそこに重曹を溶かし、足湯にする方法です。


分量はお湯1リットルに対して大さじ3杯ぐらいが目安です。
浸かっている時間は10分から15分ほどを目安にしましょう。



靴の中に入れる

足が臭くなっているということであれば
おそらく靴の中にも臭いが残ってる状態かと思います。
そこで残った臭いにも重曹を使います。


直接靴の中にばらまいてもいいですし、
いらなくなったストッキングや靴下の中に
重曹を入れてそれを靴の中に入れてもいいでしょう。


しかし、効果が永続的に続くわけではないので
2、3ヶ月ほど経ちましたら新しいのに交換をしましょう。


重曹を使う上での注意

重曹を使う場合は、掃除用と食用の重曹がありますが
食用の重曹を使うようにしましょう。


違いとしては、掃除用の重曹は
不純物が多く、きめが荒いです。
食用はその逆と考えてもらったらいいです。


そのため、肌に触れることを考えると、
やはり食用が適してると言えます。



靴の中に入れてよし、直接足に使ってもよしで
まさに死角がない魔法のアイテム重曹ですが


残念なことに、重曹自体には殺菌効果がありません。


そこで使うと良いのが、抗菌作用があるホウ酸です。

肌に使うのはあまりおすすめしませんが、
靴に使う場合は直接振りかけることによって
菌を殺菌することができるので、こびりついた臭いに有効です。


2.靴下や靴を同じものを使い続けない

靴下はともかく同じ靴を
連続で何日も履き続けていないでしょうか?

連日同じ靴を履き続けると昨日かいた汗が乾ききれずに、
汗が蓄積してしまうため、菌の繁殖しやすい環境が
どんどん整ってしまうという負の連鎖に陥ってしまいます。


やはり靴は2、3足をローテーションしながら履いていくことによって、
1日にかいた汗をしっかりと乾かし、
次に履くときは乾いた状態で履けるようにしておくことが重要です。


しかし、直接汗を吸っているのは靴下のため、
足の臭いが気になるということであれば
1日に2、3回靴下を履き替えるのも良いでしょう。


足が濡れている状態を続けないようにしたいですね。


3.足の洗い方に気をつける

お風呂に入ったとき、足はどのように洗っていますか?
ボディーソープで足の裏を念入りに洗っているつもりでも
不十分である可能性があります。


忘れやすいのが足の指の間です。
1本1本指の間をしっかりと洗っていきましょう。


そして、もっと忘れやすいのがです。
例えば親指の爪の横の溝ですね。
あそこはすごく垢がたまりやすいので試し臭ってみると、結構臭います。


爪が伸びていると垢がたまりやすいので
あまり伸ばし過ぎないようにしましょう。


洗う際は、指だと少し洗いにくいので、
柔らかめの歯ブラシを使うと洗いやすいです。


あと、ボディソープは保湿するタイプのものが多いので、
できれば体を洗う用とは別に殺菌効果がある石鹸を使って
足を洗うことでより臭いを抑えることができます。


殺菌効果がある石鹸として代表的なのが
「薬用石鹸ミューズ♪」でおなじみのミューズですね。


どこにでも売ってますし値段も安いので試しやすいのでお勧めです。

4.抗菌作用がある中敷きや靴下を使う

抗菌作用があると書いて売っている中敷きや靴下はたくさんありますが
経験上やはりある程度値段を出した方が効果は実感できます。


安いのだと、すぐに効果がなくなったり、
そもそも抗菌作用があるのかどうかも怪しいものがほとんどです。

足(靴下)の臭い対策のデオルソックス


5.汗自体を止める

もともと足の臭いは汗で蒸れることが
引き金となっていることが多いです。

そのため、諸悪の根元である汗を止めることでも
足の臭いへの効果に期待ができます。


例えば、汗を抑えるものとして、
オドレミンというものがあります。


本来はわきが対策として紹介されることが多いオドレミンですが、
効果が汗を抑える効果と殺菌効果があるので、
足の臭いを抑えるのにも有効なのです。


簡単に効果を説明すると、
塩化アルミニウムという成分が
汗が出る汗腺に蓋をして汗を出にくくするというものです。


1日2日ですぐに効果が出るものではないですが、
継続して使うことによって汗を抑える効果が期待できます。

[メール便で送料100円※代引き発送不可]オドレミン 25ml 日邦薬品工業【医薬部外品】※お一人様2本まで

まとめ

臭いってやっぱりストレスになるので、
なるべく早めに解決したいですね。


ここまでをまとめておきますと
1.重曹を使う
2.靴下や靴を同じものを使い続けない
3.足の洗い方に気をつける
4.抗菌作用がある中敷きや靴下を使う
5.汗自体を止める



お金もそんなにかからないので、ぜひ試してみてくださいね。
足の臭いを気にせず、堂々と靴を脱げるようになったら最高ですね。


それでは。