Pocket

一人暮らしをして、1年とちょっとが過ぎた。

インターホンを鳴らす人がいても、
カメラが付いているので、誰が来ているかを
確認できるようになっている。

なので、郵便と宅配の人以外は基本的に

無視する僕。

しかし、この前ついうっかり、
Yシャツを着た男だったのに、
ドアを開けてしまった。

スポンサードリンク


ドアを開ける僕。

ガチャ

男「すいませ~んNHKですけども^^」

僕「は?はい。」

そこで、僕は思った。

あああああああああああぁぁああぁ!
しまったあああああああああぁあ!


OZPA_4mukachakka500

続けて、男はこう言った。

「テレビありますよね?
NHKの受信料は法律で決まっているので、
ここに必要事項の記入をお願いします。」

僕は一言もテレビあるって言ってないのに、
決めつけてきた。しかも、ナチュラル

契約書を書かせようとしている!

と、こんな感じで、
さもあたかもあたりまえかのように、
NHK契約させようとしてきます。

結果的に、僕は追い払うことができました。

ということで、今回は、

NHK受信料を徴収する訪問員の対処法

を僕の体験談を交えて、
お伝えしていこうかと思います。

1.訪問員が来た。

まず、ドアを開ける前に、訪問員が来たら、
居留守が一番ベストかと思います。

不毛なやりとりをしなくて済むので。

ですが、僕みたいについうっかり
ドアを開けてしまう可能性も
ないこともないですよね。

彼らは、法律がなんちゃら~とか言って、
ナチュラルに契約書を書かせようとします。

しかし、その法律を確認すれば、
払わなくてもどうってことないことが
分かります。

以下が法律になります

受信契約の義務
受信契約は、してもしなくてもいいというものではありません。放送法(NHKのサイトを離れます)という法律で定められた義務です。

【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】
第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

NHKホームページ より

え?義務?って思うかもしれませんが、
つまり、テレビがあっても、
放送受信以外の使い道(ゲーム、DVD専用)
で使ってれば、

別に契約する必要はありません。

テレビがあることがばれても、

テレビとして、使っていない!

ということを説明すればいいのです。

そのときのやりとりが

僕「これって払う必要あるんですか?」

訪問員「法律で決まっていますので」

「今のテレビはゲーム専用で
普通のテレビは映らないんですけど(怒)」


訪問員「でも線が繋がってますよね?」

僕「ないです。買わないと。」

こんな感じで、テレビをテレビとして、
使っていないことを伝えましょう。


僕の場合は、なかったのですが、
「ちょっと確認させてください」
とか言って、こっちが了承していないのに、

家の中に入ってこようとしたら、
犯罪ですので、締め出しましょう。
ほとんどないとは思いますが。。

とりあえず、テレビがあっても、
このように答えれば、大丈夫です。

注意したいのが、

「NHKは視てませんけど。」

みたいに、普通に放送を受信していることを
言わないようにしましょう。

ですが、
それだけで引き下がらないのが、NHK。
まだ粘ります。

スポンサードリンク

2.携帯はなに使ってますか?

テレビは映らないことを説明した僕ですが、
引き下がらない訪問員はこんなことを
言ってきた。

「じゃあ携帯は何使っていますか?」

僕はこれを聞いたとき、耳を疑った。

思わず「は?」と言ってしまった。
まさか、携帯のワンセグも対象なのかよ!

ですが、携帯も先ほどの法律が
適用されますので、そもそも携帯は、

電話とメールのためだよ!

って突っ込みたくなります。

僕は素で「は?」
と言ってしまったので、
訪問員はこう言ってきました。

「機種は何使っていますか?」

どんだけ徴収したいんだよ!こいつ。
だが、こいつはすでに負けていることを
僕は知っている。

そこで僕は言ってやったんだ。

僕「iPhoneですけど。」

訪問員「あっ。(察し)」

そう。そうなのである。
iPhoneには

ワンセグ機能が付いていない。

僕はちょっと前まで、
REGZAPhoneという糞みたいなスマホを
使っていたのですが、糞さに嫌気がさして、
iPhone5sに機種変していたのです。

それが僕の勝利が確定した瞬間でした。
訪問員は負けを認めたのか

「では、契約の必要はないということで、
登録させていただきます。」

そうすると、
訪問員は帰っていったのだった。

NHKの訪問員を追い返すこともできる。

そう、iPhoneならね。(実話)

3.最後に

いかがだったでしょうか。

NHK受信料の徴収にくる人は、
歩合制らしいので、あの手この手で、
契約させようとしてきます。

僕も最初は焦りましたが、
ちょっと待ってくださいと言って、
パソコンで調べてから対応しました。

契約は双方の同意がないと
成り立たないものなのです。

もし、強引に契約させようとしたら、
もはやそれは脅迫の域です。

正直視ていないものにお金を払うなんて、
馬鹿げています。払いたくないと思ったら、
拒否すればいいのです。

携帯の機種聞かれたときは
マジか!?と思いましたが、
iPhoneって答えた時の勝った感は
なかなか気持ちよかったです。

でも、やっぱり
基本的に居留守が正解ですね。
だって面倒ですもの。

皆さんも気を付けてくださいね。